別れ

梅との別れを惜しむ

「東風吹かば匂いおこせよ梅の花主なしとて春な忘れそ」。
この短歌は、菅原道真が詠んだ有名なものである。

彼は学問が秀でていたため右大臣まで出世したものの、あらぬ罪で京都から大宰府まで左遷されてしまった。
そのときに京都にある大切にしていた梅の木に対して詠んだ歌である。

“梅との別れを惜しむ” の詳細は »

本当の別れ

「別れ」とは何であろうか。
別れと聞いて色んなことが頭に浮かぶ。
男女の別れ、死別、卒業式、ペットの死、引越し、旅立ち…。

もう二度と会えない、もう二度と訪れない瞬間、少し前まで一緒にあったものが別々の道へ進んでいくことが別れというのかもしれない。

“本当の別れ” の詳細は »

飼い犬の死

一番つらい別れは、死だと思う。
私は幸いにして、今のところ身内や友達、親しい人の死に立ち会ったことがなく、つらさは想像でしかない。
でも、ペットの死なら直面したことがある。

ペットは家族だという考えの人もいるし、いやいや、人の死と動物の死を一緒にされては困るという考えの人もいるだろう。

“飼い犬の死” の詳細は »

豆腐

年末年始はどのように過ごしますか。
海外旅行に行かれる方、田舎に帰る方、家でゆっくり過ごす方、さまざまな過ごし方がありますが、私は結婚してから、夫の実家に帰省することを習慣としております。

“豆腐” の詳細は »