一期一会

ことわざに「一期一会」というものがある。
これは茶道に由来するもので、「こうして出会っている時間は二度と巡ってこない一度きりのものだから、この一瞬を大切にしましょう」という意味だ。

現代において、「二度と巡ってこない一度きりのもの」ということはあるのだろうか。
交通機関も発達し、日本国内はもとより海外にだって飛行機でさっと行ける。

通信の普及でインターネット、SNS、テレビ電話、携帯電話、いつでもだれとでも繋がれる。
繋がりたくない人とでも気づかぬうちに繋がってしまう時代だ。
出会いや一瞬を大切にする価値が薄くなっている気がする。

茶道を少し習ったことがある。
茶道は、「お茶」を点てるだけのことのように思われる。
しかし、本来お茶を点てるのは茶事と呼ばれる中の一部分でしかない。

茶事とは、お客様を招待して食事(懐石)を出し、その後濃茶と薄茶でもてなすというものだ。
茶事にも色んな種類があって、朝茶事、正午の茶事、夜咄などたくさんある。
昔は今と違って、会いたい人になかなか会えない。

もうこれが最後かもしれない、そんな気持ちから相手に対し最高のおもてなしをしようということがこの茶事の根本にある。

季節の花や掛け軸、茶道具を用意し、料理とお茶をだすということは、簡単にできるものではなく、時間とお金と何より相手の趣向にあったものをそろえるため、相手のことを思う時間がいる。

そして茶室という狭い空間で相手との会話や空気感を楽しみ、気持ちよく帰っていただくといものだ。
一度きりの瞬間を大切にしたいという気持ちが茶道の作法を確立していったように思う。

大切な人に会うとき、少しの間だけでもケータイの電源を切ってみてはどうだろうか。
外界からの情報をシャットダウンし、その一瞬を大切し、その人を大切にする。
こんな簡単にできる「一期一会」はそうはない。

アダルト動画サンプル
無修正動画と裏DVDのサンプル動画サイトを集めたアダルト動画サイトリンク集
dougahakkutsu.com/

«